健康まめ知識

お知らせ
トップ > 健康まめ知識 > 鼠径ヘルニア(脱腸)について

鼠径ヘルニア(脱腸)について

(きょうりつ便り 2013年3月号掲載)

広島共立病院 外科部長 大田垣 純 医師

 ヘルニアというと椎間板ヘルニアを連想される方が多いと思いますが、ヘルニアの本来の意味は、体内の臓器があるべき位置から逸脱した状態であります。お腹にできる代表的なものとして鼠径ヘルニアがあり、出臍も臍ヘルニアというヘルニアの一種です。
〈症状〉足の付け根の部分(鼠径部)に内臓が飛び出して膨らみ、しこりとして触れ、痛みを伴う場合があります。男性では陰嚢まで腫れる大きなヘルニアになることもあります。図に示すように、内・外鼠径ヘルニアと大腿ヘルニアがあります。膨らんだ状態が戻らないことを嵌噸と言い、腸閉塞や出ている腸が血行障害を起こし壊死して重篤な状態になることがあります。大腿ヘルニアは女性に多く嵌噸を起こしやすいため注意が必要です。
〈原因〉先天性のものと後天性のものがあり、小児の場合はすべて先天性で、胎児のときに精巣が陰嚢に降りてくる際に生じる腹膜鞘状突起の開存が原因です。
成人の鼠径ヘルニアの多くの原因も腹膜鞘状突起の開存が原因となりますが、高齢者では鼠径部の筋肉や筋膜が弱くなりそこにヘルニアの穴(ヘルニア門)ができる場合があります。
〈治療〉子供の場合は自然に目立たなくなることがありますし、手術は腹膜鞘状突起を結紮するだけですみます。しかし、大人の場合、自然に治ることはありませんし、放置すると大きくなりますので手術が必要です。腰椎麻酔をして鼠径部に4cm程度の皮膚切開を加え、脱出した臓器をお腹の中に戻し、合成繊維のメッシュでヘルニアの出る穴を内側から補強して塞ぎます。再発ヘルニアや両側同時ヘルニアなどには全身麻酔下に腹腔鏡手術を行う場合があります。嵌噸ヘルニアでは緊急手術が必要となる場合があります。
気になっておられる方は、まず外科医の診察を受けてください。 ヘルニアというと椎間板ヘルニアを連想される方が多いと思いますが、ヘルニアの本来の意味は、体内の臓器があるべき位置から逸脱した状態であります。お腹にできる代表的なものとして鼠径ヘルニアがあり、出臍も臍ヘルニアというヘルニアの一種です。
〈症状〉足の付け根の部分(鼠径部)に内臓が飛び出して膨らみ、しこりとして触れ、痛みを伴う場合があります。男性では陰嚢まで腫れる大きなヘルニアになることもあります。図に示すように、内・外鼠径ヘルニアと大腿ヘルニアがあります。膨らんだ状態が戻らないことを嵌噸と言い、腸閉塞や出ている腸が血行障害を起こし壊死して重篤な状態になることがあります。大腿ヘルニアは女性に多く嵌噸を起こしやすいため注意が必要です。
〈原因〉先天性のものと後天性のものがあり、小児の場合はすべて先天性で、胎児のときに精巣が陰嚢に降りてくる際に生じる腹膜鞘状突起の開存が原因です。 成人の鼠径ヘルニアの多くの原因も腹膜鞘状突起の開存が原因となりますが、高齢者では鼠径部の筋肉や筋膜が弱くなりそこにヘルニアの穴(ヘルニア門)ができる場合があります。
〈治療〉子供の場合は自然に目立たなくなることがありますし、手術は腹膜鞘状突起を結紮するだけですみます。しかし、大人の場合、自然に治ることはありませんし、放置すると大きくなりますので手術が必要です。腰椎麻酔をして鼠径部に4cm程度の皮膚切開を加え、脱出した臓器をお腹の中に戻し、合成繊維のメッシュでヘルニアの出る穴を内側から補強して塞ぎます。再発ヘルニアや両側同時ヘルニアなどには全身麻酔下に腹腔鏡手術を行う場合があります。嵌噸ヘルニアでは緊急手術が必要となる場合があります。
気になっておられる方は、まず外科医の診察を受けてください。