健康まめ知識

お知らせ
トップ > 健康まめ知識 > 子どもの急性中耳炎

子どもの急性中耳炎

 (きょうりつ便り 2015年6月号掲載)

子どもが風邪をひいたら、中耳炎にも気をつけましょう。

広島共立病院 耳鼻いんこう科 大橋 一正 医師

乳幼児が風邪をひくとなりやすい中耳炎
 乳幼児が罹りやすい病気の一つが中耳炎です。0歳〜6歳までに罹る率が圧倒的に高く、風邪と共に発症することが大半です。原因は細菌が鼻から中耳に入り込み、炎症を起こすことによります。成長途中の乳幼児は耳管が未発達で充分な長さがなく、角度も水平に近いため、細菌が入りやすいことが主な要因です。
 症状は耳痛や耳だれ、発熱、耳がふさがれたような感じなどがありますが、乳幼児は症状を訴えることができません。発熱、理由もなく泣く、機嫌が悪い、耳を触ったり痛がったりするなどの変化があれば中耳炎が疑われます。特に風邪をひいている時にこれらの様子が見られたら、耳鼻科で診察を受けてください。 
 治療は基本的には痛み止めと抗生剤の服用になります。ただし、症状が軽い場合は抗生剤を使わず治療したり、細菌の種類によって的確な抗生剤を集中して投与するなど、臨機応変に対応していきます。また、鼓膜の様子を見て、うみがたまって腫れているようであれば切開してうみを出す方が治りは早いでしょう。自然にうみが出る場合もあるので、鼓膜の様子を見ながらの判断になります。

耐性菌の増加で治りにくくなる傾向も

 最近問題になっているのは、抗生剤が効きにくい耐性菌が増えていることです。抗生剤を的確に使用しなければ中耳炎が治らないだけでなく、さらに薬剤耐性菌を増加させることにもなりかねず、漫然と抗生剤を使用しないように配慮しています。
 こうした耐性菌が増えている原因の一つに、集団保育などによるばい菌の蔓延が考えられています。共働き家庭が増え、乳幼児が保育園など集団で生活する機会が増えたことが背景にあるようです。
 中耳炎は治るまでに時間がかかります。子どもが痛がらなくなってもきちんと薬を飲ませ、完治させることが大切です。自己判断で薬を止めると滲出性中耳炎になることもあり、治るまでにさらに時間を要します。
 予防はできるだけ風邪をひかせないことしかありません。夏場はプールを気にされる方も多いようですが、ほとんど関係ないので、のびのびと泳がせてあげましょう。

一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会HPより