健康まめ知識

お知らせ
トップ > 健康まめ知識 > シナプソロジー対談「シナプソロジー」は、認知症を予防するための体と頭の体操です。

シナプソロジー対談「シナプソロジー」は、認知症を予防するための体と頭の体操です。

(からだとくらし 2018年6月号掲載)

〈 参 加 者 〉
楠岡 智史/メディカルフィットネス共立 マネージャー
久保田 浩子/広島共立病院 地域連携部 部長 認知症看護認定看護師
松村 康伸/チーム松村 代表
岩崎 歩/チーム松村 インストラクター

メディカルフィットネス共立では四月から認知症予防・改善に効果が期待できる「シナプソロジー」プログラムを実施するに当たり、関係者が集まり対談を実施しましたので、その内容を報告します。

―認知症予防に役立つ
久保田 認知症が増えてきた要因の一つとして、食生活が豊かになり、車や公共交通機関の発達による運動不足など、昔と比べて生活スタイルが大きく変化したことも考えられます。
認知症の症状としてもっとも顕著に現れるのは「もの忘れ」と言われる記憶障害です。自分ではしっかりしているつもりでも、周囲から見れば忘れることが多くなっていると感じられ、それが周囲の人とのコミュニケーションの障害となり認知症の人を苦しめてしまうこともあります。
認知症の初期の段階では周囲の人にあまり迷惑をかけることはありません。しかし認知症を放置して症状が進行したり、間違った対応をすると、周辺症状と言われる徘徊や妄想、暴言、暴力など、周囲の人にとっても対応に困難を生じる状況となります。

―体と頭の体操で効果的なプログラム
楠岡 メディカルフィットネス共立で認知症の講習を行ったところ、約五十名の方が参加されました。それだけ認知症に対する関心が高まっていると思われます。そこで当スタジオとしては、認知症予防のためのプログラムとして「シナプソロジー」を採用しました。
「シナプソロジー」は、認知症を予防するための体と頭の体操です。プログラムを行うにあたっては、共立病院の認知症のスペシャリストとフィットネスのアドバイザーがタッグを組んで、効果的なプログラムを実施しています。

―音楽に合わせて体を動かす
松村 頭で考えることと体を動かすことをミックスさせたプログラムです。スタジオで頭を使いながら手足を動かして運動するクラスを導入しています。医師などから運動を止められている患者様以外であれば、誰でも始められます。
認知症を予防するための「シナプソロジー」は、早い時期から行うことをお勧めします。
もちろん、認知症と診断された方でも始められます。インストラクターの指導により、左右の手を別々に動かすといった頭と体を同時に使うレッスンで、認知症の予防・改善に取り組んでいきます。

岩崎 「シナプソロジー」は、大掛かりな器具などを使用しないため、気軽に参加できます。椅子に座った状態や立った状態で、音楽に合わせて体を動かしていきます。クラスに合わせて色々な音楽を使いますので、飽きることなく遊び感覚で参加いただけます。

松村 「シナプソロジー」は十五分程度と手軽です。でもその十五分の内容はボリュームがあり、少し疲れるくらいの運動量です。この十五分の「シナプソロジー」を規則正しく毎日同じサイクルで実施するのが認知症予防・改善に最も効果的です。毎日続けることで、患者様も混乱しにくくなり、習慣化されていきます。
レッスン中には、自宅で出来ることもご紹介させていただいております。

―生活習慣の改善から取り組む
楠岡 当スタジオでは、体力がなくても参加しやすいプログラムがたくさんあります。まずは家から一歩出ていただき、頑張りすぎない程度に、週一~二回でも参加する習慣をつけてください。スタジオなら、暑い日でも雨でも関係なく快適な空間で運動ができます。

久保田 日本は世界有数の長寿国です。またとても平和な国だと思います。その中で生活している私たちは年を重ねても元気で過ごしたいものです。しかし残念なことに年を重ねれば重ねるほど認知症になるリスクも高くなってきます。
だからこそ、認知症のことを知っていただき、早いうちから予防に取り組んでいきましょう。でも必要以上に認知症を恐れる必要はありません。今日から生活習慣の改善に取り組みましょう。そしてもの忘れなど「もしかしたら‥認知症かな?」って思うようなことがあれば早めにかかりつけのお医者さんに相談してみましょう。また生活習慣の中に少しでも運動をする時間を取り入れてみてください。対策を講じれば認知症であっても進行を遅らせることができます。
認知症になっても地域の人々が支え合い、認知症の人と一緒に楽しい人生が送れるようにしていきたいですね。

岩崎 指先や手足、そして頭を使った「シナプソロジー」のプログラムは、誰でも楽しく取り組んでいただけると思います。ぜひ習慣付けてください。

松村 生活が豊かになって、歩いたり重いものを持ったり、文字を書くことなどは、昔に比べ行う機会が少なくなりました。それが認知症の原因となっているとも考えられます。これを予防するためにも、認知症の専門家がおり、スタジオ施設があり、指導するインストラクターがいるこの施設は最適な施設です。共立病院がバックアップしているので、安心して利用できる、ありそうでなかったメディカルフィットネス共立を、ぜひお気軽に利用してください。