看護部案内

看護部案内
トップ > 看護部案内 > 看護師を目指す方へ

看護師を目指す方へ

インターンシップに参加してみませんか?

対象は看護学生。もちろん春から看護学校に入学するのだけれど、実際、看護師ってどんなことをしているの?と入学前の看護体験として利用されるかたもいます。 平日の8:30~16:00まで担当の看護師と一緒に色々な体験をしてみましょう。

以下の体験場所があります。体験してみたい職場を選んでお知らせください。

整形・小児・内科・混合病棟 手術前後の看護や小児看護を見学してみよう!
外科、消化器内科病棟 術前術後の看護が学べます。「オペ出し」を経験できるかも?
内科・急性期病棟 重症な患者さんも入院してきます。たくさんの注射薬にビックリ!
回復期リハビリテーション病棟 脳血管障害、足の骨折後のリハビリを行っている病棟です。在宅に帰れるよう、日常生活のリハビリを中心的に行っています。

「どのような1日を過ごすかわからない」というあなたに・・・

ある看護大学1年生のインターンシップ体験に密着しました。

8:15 病院受付に到着。更衣室で白衣に着替えます。
白衣とナースシューズは病院で用意できますが実習服で参加する学生さんもいますよ。
8:30 今日は興味のあった2階回復期リハビリテーション病棟で看護体験。
まずはナースステーションで腰痛体操から始めました。健康管理も重要!
8:40 さっそくY看護師さんと一緒に動きます。入浴介助からスタートです。
入浴介助では患者さんと話をすることができました。浴槽に入れない患者さんのために寝たまま入れるお風呂がありました。患者さんはすごく気持ちよさそうでした。
11:00 病棟にはいろいろな注射薬があります。いろいろ説明してもらいましたが、まだ1年生なので何に使う薬かよくわかりませんでした。これから勉強大変だな~と思いました。
12:00 昼食時間 患者さんが食堂に集まって食事をします。レストランのようです。看護師・介護福祉士・リハビリスタッフ・看護補助者とたくさんの人たちが、安全に食べられるように見守りや介助をしていました。嚥下食をはじめ色々な形態の食事を見ることができました。利き腕が麻痺したため、箸が使えない人もいたけど、スプーンなどを使って自分で食べられる工夫をされていました。
食後の歯磨きも一人ずつ洗面所に誘導し患者さんの口腔内の清潔が保てるようにしていました。看護師の仕事って大変だな~と改めて感じました
12:30 私も昼休憩。今日は病院の職員が食べているお弁当を頂きました。おいしかったです。
13:30 午後からもY看護師さんと一緒にいろいろなものを見学させてもらいました。
16:00 今日1日、やらなければいけないことは大体終わったとのこと。あとは片づけや記録などをするそうです。私も感想文を書いて今日のインターンシップ体験はおしまい。今度参加するときはもう少しいろいろと勉強していると思うので、わかることも増えているかも・・・また参加したいと思います。
  • インターンシップの紹介
  • インターンシップの紹介

インターンシップでは臨地実習とはまた違った面から看護実践を見ることができます。担当看護師がいるので、安心してインターンシップに臨めます。普段聞けないことも1対1だからこそいろいろ聞けるチャンスです。
看護学校生活のヒントになるかもしれませんよ。長期休暇などを活用し、ぜひ参加してください。

インターンシップのお問い合わせ、申し込みは・・・
広島市安佐南区中須2丁目20-20
TEL:082-879-1111
E-mail:nurse@hiroshimairyo.or.jp
担当:後継者育成室 岩井代利恵

看護学生向けブログ

ボランティア・臨床体験など高校生、看護学生向けの活動の様子をお知らせしています。
携帯からもアクセスできます。

看護学生向けブログ