施設概要

施設概要
トップ > 施設概要 > 禁煙のとりくみ

禁煙のとりくみ

広島共立病院は全面禁煙です

広島共立病院は全面禁煙です
広島共立病院は全面禁煙といたしておりますので、利用者のみなさまにはご協力をお願いいたします。
医療生協は健康増進のために「8つの健康習慣」と「2つの健康指標」をかかげています。
この中でも「喫煙をしない」ことを強く推奨しています。それは喫煙が多くの病気の原因となるとともに、病気からの回復をさまたげることが科学的に証明されており、医療生協のめざす健康づくりと相容れないものだからです。
また、喫煙者本人の健康を損なうのみならず、タバコから立ち昇る副流煙はより多くの有害物質をふくみ、家族や周囲の人の健康をも蝕みます。
病院は病気の治療をする公共の場所であり、喫煙するのにもっともふさわしくない場所です。
入院患者様には治療の一環として禁煙していただき、ご家族、外来受診の患者様、お見舞いでお越しのみなさまにも健康で快適な療養環境を保つため、禁煙にご協力くださるようお願いいたします。

禁煙ガイドライン

禁煙のとりくみ
喫煙は病気の原因の中で防ぐことができる最大のものであり、禁煙推進は社会全体の健康増進に役立ちます。医療従事者は健康問題の専門家としてタバコを吸わない社会習慣の定着をめざして指導性を発揮するよう努力しています。 喫煙は肺癌、心臓病など多くの病気の原因となるだけでなく、周囲の人の健康も害します。このたび、循環器病、呼吸器、公衆衛生など9つの学会の合同研究班による「禁煙ガイドライン」が発表されましたのでその要旨を紹介します。
1.禁煙支援の3つの切り口
  • 1.未成年者が喫煙習慣に陥ることを防止すること
  • 2.禁煙の意思があっても実践できない喫煙者に動機づけをおこない禁煙に導く工夫
  • 3.いったん禁煙した人が喫煙を再開しないための支援
2.外来診療での禁煙治療の手順
  • 1.診察のつど喫煙について記載する(現在喫煙・以前喫煙・非喫煙)
  • 2.喫煙者には はっきり、強く、止めるよう、個別的に忠告する
  • 3.禁煙への関心度を評価する 意志のある場合は支援をおこない、ない場合は動機づけをおこなう
  • 4.禁煙を支援する 計画立案、カウンセリング、ニコチン代替療法、教材の提供
  • 5.禁煙継続の支援
3.ニコチン代替療法

喫煙習慣にはニコチン依存が関与しており、離脱のためにはニコチン代替療法が有効である。
日本で使用できるのは、ニコチンガム(ニコレット)とニコチンパッチ(ニコチネル)であり、口の粘膜、皮膚から少量のニコチンが徐々に吸収されて禁煙にともなうニコチン離脱症状を軽減し、無理なく禁煙をつづけることができる。
ガムやパッチから吸収されるニコチン量は喫煙の場合よりも少量であり、血管収縮などのニコチンによる障害を起こす危険はないので安全に使用できる。

ニコチンガムは薬局で自由に購入でき、吸いたくなったときいつでも使用できるが、効果は短時間で一定でないこともある。
副作用として むかつき、のどの刺激がでることがある。
ニコチンパッチは医師の診察を受けて処方箋を書いてもらい、薬局で1箱14枚単位で購入する。
ニコチンが確実に吸収され1日1回の張替えで効果があり、使用していても外見からわからない。
パッチの大きさは大、中、小と3種類あり、標準的な使用法は大を4週間、中を2週間、小を2週間としめて8週間かけて無理なく卒業するというものである。
副作用としては皮膚炎、頭痛、不眠などがおこることがある。

4.循環器疾患と禁煙

ニコチンには末梢血管の収縮、血圧上昇、心拍数増加、気管支収縮などの作用がある。
煙の中に含まれる一酸化炭素は酸素を運搬するヘモグロビンと強く結合するため、動脈血は慢性酸素不足となる。活性酸素を増加させて酸性ストレスを増大させる。
喫煙により、心筋梗塞、狭心症、脳卒中、動脈硬化のリスクが上昇する。西田敏行さんは喫煙者であったが、心筋梗塞をおこして救急車で入院した際に医師から「たばこはやめましょうね」ときっぱり言われて禁煙したという。
禁煙すれば心筋梗塞の再発率、死亡率は低下し、脳卒中の発症リスクは禁煙2年以内に急速に低下し、5年以内に非喫煙者と同じレベルとなる。

5.呼吸器疾患と禁煙

喫煙でリスクが高まる呼吸器疾患には肺癌、慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息、自然気胸、間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群など多数ある。
禁煙すれば肺癌のリスクは10年後には30から50%に低下する。
慢性閉塞性肺疾患の80-90%は喫煙が原因とされるが、禁煙により、肺機能の低下が弱くなり、延命がもたらされる。

6.女性・妊産婦と禁煙

男性よりも女性のほうが喫煙による健康障害、ニコチンに対する依存度が高くなる傾向がある。
喫煙は卵巣機能に影響して機能障害、早期の閉経、不妊症などをおこす。
妊産婦では本人だけでなく、こどもにとって、胎児期から新生児、幼児期にわたって発生・発育の重要な時期に薬物の影響をうけることとなり、発育遅延、早産、流産、周産期死亡の原因となる。
奇形を予防するためには妊娠が判明する前から禁煙している必要がある。妊産婦にはニコチン代替法は行えないという問題がある。
女性の病気との関連では喫煙が悪影響を与えているものには乳癌、子宮頸癌、細菌性膣症がある。喫煙者が経口避妊薬を使用していると狭心症などの発症率が12倍になる。
喫煙により、皮膚の弾力が低下し、しわが増える。脱毛、白髪、口唇の乾燥、口臭、声の変化、多毛などをおこし、容姿の衰えが早まる。

7.小児・青少年と禁煙

成長期にあるこどもの体はタバコの有害物質からうけるダメージが大きいうえに、短期間でニコチン依存状態になる。わが国の未成年者の喫煙率は上昇しており、特に女子中高生の増加が深刻である。
喫煙防止教育のみでなく、タバコ自販機の撤去、テレビでの喫煙シーン制限など社会的規制が必要である。

8.歯科・口腔外科と禁煙

口腔はタバコが最初に通過する部位であり、各種の口腔疾患の発症、進行に関与するだけなく、歯科治療の効果を減弱させる。

9.手術・外科疾患と禁煙

手術患者の術前検査で慢性気管支炎と診断されたのは非喫煙者では5% 喫煙者では25%であった。
喫煙者の呼吸器合併症の発生率は手術中では1.8倍 手術後では2から4倍であった。
術後呼吸器合併症の発生をおさえるには術前4から8週間の禁煙が必要である。

10.禁煙に関する提案
  • 1.未成年者の禁煙防止と禁煙推進
    医療従事者と学校、地域の連携。タバコ自販機の撤廃
  • 2.非喫煙者の受動喫煙からの十分な保護
    公共の場の全面禁煙、学校敷地内禁煙化
  • 3.喫煙の有害性の啓発と禁煙治療の普及
    禁煙治療にあたる人材の育成、禁煙治療の保険適応化、有効治療薬の承認
  • 4.禁煙を推進するための社会制度の制定および政策の実施
    WHOの「タバコ既成枠組条約」にそった、価格、販売、広告の厳しい規制
    タバコ対策に専念する組織の設立

禁煙のための薬には次の3種類があります。

【飲む】
ニコチンを含まない飲み薬です。
1日2回、食後に飲みます。飲み始めて8日後に禁煙を開始します。

通常12週間、服薬を継続します。

  • 《長所》
  • ・健康保険が適用される
  • ・飲むだけなので簡便
  • ・ニコチンを含まない
  • ・肌の弱い人でも使用できる
  • ・接客などの職種や歯、顎の問題などでガムをかめない人でも使用できる

【貼る】
ニコチンパッチは、ニコチンを含んだ皮膚に貼る薬です。1日1回、上腕やお腹、背中などに貼ります。

標準的な使用期間は8週間です。皮膚のかぶれを防ぐため、毎日貼る場所をかえるとよいでしょう。

  • 《長所》
  • ・人に気づかれない
  • ・接客などの職種や歯、顎の問題などでガムをかめない人でも使用できる
  • ・健康保険が適用される

【かむ】
ニコチンガムはニコチンを含んだガムで、口の粘膜からニコチンが吸収されます。
1回の使用量は必ず1個とし、、禁煙し始めは吸いたくなったときに我慢せずにかみ、次第に減らします。

かみ方は普通のガムと異なりますので、十分に理解してから使用しましょう。

  • 《長所》
  • ・タバコが吸いたくなったときにいつでも使用できる
  • ・ニコチン補充と同時に口寂しさも紛らせる