施設概要

施設概要
トップ > 施設概要 > NST(栄養サポートチーム)について

NST(栄養サポートチーム)について

2004年5月から当院の入院患者を対象としNSTを設立しました。
栄養サポートチーム(Nutrition Support Team)は医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床検査技師・言語聴覚士などの専門スタッフが、患者様に適切な栄養管理が行われるように支援することを目的としたチームのことです。

栄養状態が悪いと、効果的な治療を行うことができず、回復が遅くなります。そのため、病気の治療と並行して栄養管理を行うことは必要です。
患者さまの栄養のニーズは様々で、特に炎症を伴う急性疾患の場合は普段より栄養必要量が多いと言われています。また、高齢化社会である日本において、医療/介護コスト削減の中、十分な栄養投与が行われず、低栄養の高齢者が増えている可能性もあります。

栄養管理の必要な患者さまを対象に、ひとりひとりに合った食事や栄養剤・点滴についてチームメンバーで検討し、栄養状態の改善により、一日でも早く回復していただけることを目指しています。

NSTコアメンバー(回診チーム)保有資格

医師 : 日本病態栄養学会(病態栄養専門医・NSTコーディネーター)
日本臨床栄養学会(認定臨床栄養指導医) 
日本静脈経腸栄養学会(学術評議員)
PEG・在宅医療研究会(専門胃瘻造設者/管理者・認定胃瘻教育者)
看護師: 摂食・嚥下障害看護認定看護師
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
薬剤師: 日本静脈経腸栄養学会NST専門療法士(2名)
栄養士: 日本静脈経腸栄養NST専門療法士
病態栄養認定管理栄養士
糖尿病療養指導士