コロナウイルス感染症でお亡くなりになった場合の悲しいお別れ

まだまだコロナウイルス感染症の感染拡大傾向はおさまらず、「年末年始は家で家族と、のんびり過ごしましょう」と、菅首相をはじめ県知事なども訴えられています。しかし1年近くもコロナウィルス感染症の話題を聴き続けているせいか「自分は大丈夫」と自粛生活が困難になってくる方の行動などの報道なども目にすることがあります。

 

先日、葬儀社の方からお話を聞く機会があり、コロナウイルス感染症で家族を亡くすということは少しでも避けたいと思い皆さんにもお伝えしようと思いました。

 

もしコロナウイルス感染症で残念なことに命を落とされた方は通常と違い、24時間を待たずして火葬することになるそうです。午前中に息を引き取られたら、家に帰ることもなく、病院に安置され、昼過ぎには火葬されるのです。志村けんさんや岡江久美子さんが亡くなられた時のニュースでご存知の方もおられるとは思いますが、火葬場で立ち会うこともできず、収骨も火葬場職員、葬儀社社員によって行われ、ご遺族にお渡しするようになるそうです。ご遺族が陽性者で自宅療養などされている場合は、玄関先などにご遺骨を置くなどして手渡しも出来ないそうです。

 

他にも、コロナウイルス感染症対応への同意書が必要であったり、様々な感染症対策も必要なことから葬儀代も高額になるようです。

 

大切な家族と最期の瞬間に立ち会えない、またお亡くなりになった後もお骨になるまで会えないという悲しい現実は避けたいものです。大切な人のためにも、再度気を引き締めて感染症対策をしていきましょう。

210202
関連する記事

関連記事はありません。