健康まめ知識

お知らせ
トップ > 健康まめ知識 > 梅雨明けから要注意!熱中症にそなえる

梅雨明けから要注意!熱中症にそなえる

(きょうりつ便り 2013年9月号掲載)

夏が来ると必ず話題になる熱中症。7〜8月がピークですが、実は梅雨明けからすでに熱中症のリスクは高まっているのです!保健師の西本奈々恵が熱中症についてアドバイスします。

乳幼児や高齢者は特に気をつけて
 熱中症とは、暑い環境にいることで体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調整ができなくなることで起きる症状です。重い場合は命に関わる危険な病気です。
 熱中症を引き起こす原因は「環境」と「からだ」が考えられます。「環境」は高温多湿、風が弱い、日差しが強い、急に暑くなるなど。「からだ」は高齢者や乳幼児、肥満の人、高血圧や糖尿病などの持病がある人、暑さに慣れてない人、体調が悪い人などです。乳幼児は身長が低いため地面の照り返しを受けやすく、汗腺も未熟なので、しっかり様子を見ることが大切です。また高齢者は、暑さを感じにくく汗をかきにくいので、熱中症になりやすいのです。しかし、クーラーの効いた室内での労働、運動習慣がないなどで暑い環境に慣れていなければ、若い人でも熱中症になる可能性は充分あります。

夏前に暑さに負けない体づくりを!
 熱中症は、①暑さを避ける②こまめに水分や塩分を補給する③服装に気をつけるなどにより防ぐことができます。①は外出時に日傘や帽子を使う、室温は28℃・湿度70%以下にして扇風機を組み合わせて体感温度を下げるなど工夫します。ブラインドや打ち水なども効果的。②は喉が渇く前、暑い場所に行く前に水分補給を。塩分はスポーツドリンクを飲む、梅干しや塩飴を摂るなどで補います。ただし、高血圧や糖尿病などの持病がある人は、摂取量を主治医に相談してください。③の服装は、吸汗・速乾素材にし、襟元はできるだけ緩めます。熱を吸収しやすい黒色系より白色系で。額や首回りを冷やす保冷グッズも活用します。
 熱中症を防ぐためには、夏前の体づくりが大切です。やや暑い環境(気温25〜30℃、湿度50〜79%)で、ややきついと感じる運動(速歩など)を1日30分間、1〜4週間続けます。早めの熱中症対策で、夏を元気に過ごしましょう。