看護部案内

看護部案内
トップ > 看護部案内 > 職場の取り組み > 2階病棟職場紹介

2階病棟職場紹介

2階病棟 患者の人権を尊重した安心、安全で信頼される医療・看護を実践します

2017年度職場目標

1 看護者として患者を擁護する態度・知識の向上をめざします
2 2階病棟の「おもてなし」を実践します
3 退院時アンケート「笑顔」「態度」項目で「満足である」結果95%以上をめざします

看護研究&事例発表

「ペアナース導入後の結果と考察」2年目ナース
2階病棟では、2015年8月より、チーム間を越えて看護師2人でペアを組み、患者さんの検温や処置を行う「ペアナース」に取り組んで来ました。1年を経過したスタッフの意識変化についてアンケート実施、考察した内容を2016年10月に広島県民医連の「原基が出る看護介護症例発表会」で発表です。

わたしたちの取り組み

★楽しい食事時間を★
リハビリスタッフと共同して、急性期治療が安定しリハビリをしている患者さんを対象に、デイルームで食事していただいています。
病室で一人で食べられる時より、笑顔で食事されます。

よくあるご質問

「2階はどのような病棟ですか?」
循環器、呼吸器、消化器の内科急性期病棟です。平均在院日数は約14日です。狭心症、心不全、慢性閉塞性肺疾患、誤嚥性肺炎などの患者さんが入院されてきます。検査は心臓カテーテル検査、胃カメラ、大腸カメラなどです。看護師は28名。集中ケア認定看護師が1名います。
入院時から在宅生活を見据えて、退院支援をMSWと情報共有しながら行っています。

患者さんから頂いた声

ペースメーカー埋込みをした患者さんの声より
「残り少ない人生ですのに、快適に暮らせるようにペースメーカーを指示してくださり、手術して頂きました。以前と全然違った胸の爽快さ、やっていただいて良かったなと嬉しくてこのペースメーカーと仲良くやっていこうと思います。看護師さんその他のスタッフさん、朝から夜中までキビキビとされて本当に頭が下がります。いつも笑顔でおつかれでしょうに。本当にありがとうございました。」