施設概要

施設概要
トップ > 施設概要 > 安全対策の取り組み

安全対策の取り組み

事故防止の観点から
・インシデント、アクシデントの収集・分析・改善策の立案 ・転倒転落防止の為、低床・3本柵の徹底や対策チームによるラウンド ・患者様参画の医療を実践(名前や誕生月日を名乗って頂く) ・全職員対象の学習会を毎年開催し、安全文化の啓蒙 ・入院患者様への注射実施時、3点チェック(看護師・患者・薬剤)の実施 ・5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の徹底 ・医療相談窓口や「声の箱」の設置により、患者様やご家族様からのご意見をお聞きし、改善を図る ・職員からの改善提案を積極的に取り組む
標準的な医療の提供として
・クリニカルパス委員会:クリニカルパスの推進
・褥瘡対策委員会:院内での褥瘡発生の撲滅
・栄養佐ボートチーム:栄養状態の管理
・癌化学療法委員会:プロトコールの作成
感染対策の観点から
共立病院では、病院で感染症を広めない為に、ICTという医療関連感染の対応を行うチームがあります。
このチームには以下の職種の職員で構成されています。
・ICD(医師) 2名
・薬剤師   1名
・臨床検査技師 2名
・医療安全管理者 1名
・看護師 2名(うち1名は感染管理認定看護師)
ICTでは、次のような役割を担っています。
1. 院内感染対策会議(ICC)の決定に従い、院内感染対策を実行していく組織
2. 感染についての情報収集及び問題点の抽出を行い、各部門と組織的な対応を行う
3. アウトブレイクが考えられる場合には、ICCの対応を現場に徹底させる。
4. 感染対策について常に高い意識を持ち、感染対策のための環境整備を行う
5. 連携組織としてリンクスタッフチームを組織し、対策の円滑な実行を図る
ICTの活動
1. 抗生剤の使用状況の確認と適正使用に関する検討
2. 院内ラウンド
3. サーベイランス
1) 院内の感染発生状況の把握
2) 細菌検出状況
3) 耐性菌
4) SSI
4. 現場への介入と対策の実施状況のチェックと適正化
5. 職業感染対策の実施
6. 患者様への啓蒙活動としてポスターを貼るなどの方法での情報提供
7. 職員への啓蒙活動
1) 感染対策に関して、ポスターの掲示や院内LANを活用した情報提供
8. 職員教育の企画・運営
1) 院内教育
2) 院外教育
9. コンサルテーション(相談)
10.連携病院との取り組み
感染管理の視点で連携をとっている施設をはじめとする近隣の施設と定期的な情報交換や検討会など

安全対策の指針

(1)医療の安全性の基本的考え方
医学の進歩はめざましいものがありますが、未知の分野はまだ多くあり、避け難い危険が数多くあります。私たちがよかれとした医療行為が期待に反した結果を生む場合もあります。医療事故とは過失の有無を問わず、医療にかかわる場所で、医療の全過程において発生する人身事故一切を含むものであり、廊下で転倒した事例など医療行為とは直接関係しないものも含みます。医療の複雑化、高度化、専門分化のなかで「起こりうる」医療事故を減らすためには個人の努力に依存した事故防止のみにとどまらず、組織的な事故防止対策を確立することを何よりも重視しなければなりません。事故や院内感染が起こった場合は、「誰が起こしたか」ではなく「なぜおきたのか」の立場で分析改善をすすめます。事故に留まらず、インシデント事例の情報を集約し、原因や状況の分析をすすめ、事故防止に役立てます。私たちは患者の人権を尊重し、共同の営みの医療を日々すすめるために努力してきています。「公開」、「教訓の共有」、「徹底分析」、「患者の参加」の原則に立った民医連・医療生協らしい取り組みをすすめます。
不幸にも事故が発生した場合は速やかに管理者へ報告し、患者・家族に対しては誠意をもった対応を行います。
(2)セーフティ・サービスアップカード(SSカード)のシステム
発生したすべての医療事故(アクシデント)およびインシデントについては関係した職員がSSカードに入力し、上長は改善策を明らかにし、職場内で徹底します。病院長、総看護師長、事務長は日々点検をします。医療安全管理会議にすべての事例を報告し、必要に応じて改善策の検討にふし、職員に周知します。
職員がSSカードの報告をしたことをもって、当該職員に対し不利益な取り扱いを行いません。
(3)医療安全管理会議
広島共立病院は事故防止の総合的対策を検討するために医療安全管理会議を設置します。
委員会の責任者は病院長とします。
医療安全管理会議は月に1回定例会議を行い、医療事故(アクシデント)およびインシデントについての報告を受け、要因を分析するとともにその教訓や防止策を明らかにします。また、安全対策上の諸施策や職員研修を具体化し、職員の安全意識の向上につとめます。
委員会の規定については別項で定めます。
(4)医療事故対応マニュアル
1.過失の有無にかかわらず、患者に望ましくない事象が生じた場合、可能な限り、患者の救命と被害の拡大防止に全力をつくします。
2.医療事故と認識した職員は速やかに主治医(または当該科医師)に連絡するとともに所属職場の上長に報告を行います。上長および主治医は速やかに病院長に報告します。
3.患者および家族へは科責任者および主治医が最初の報告を行います。
4.患者および家族の要望については誠意をもって対応し、必要な場合は病院長および事務長が対応します。
5.医療事故の状況については法人理事会および病院利用委員会へ適時報告します。
6.事故についての調査委員会を院内に開催し、事態の確認・対応方針、事故の原因、過失の有無などを集団で検討し、病院としての見解を明らかにします。調査委員会は院長副院長会議のメンバー及び安全管理者と当該事故にかかわる職員等によって構成されます。
7.病院の見解がまとまったのち、患者・家族へ報告、説明の機会をもちます。
8.病院に過失があり、医療事故との因果関係が認められた場合は損害賠償についての話し合いを患者・家族ともちます。担当窓口は事務長室(事務長および事務次長)になります。
9.各事例が解決した場合、病院としての総括を行い、その内容を記録に残します。
(5)医療安全管理のための職員研修
 医療安全管理のための職員研修を予め作成した研修計画にもとづき年2回の研修を実施します。
 研修は医療安全管理の基本的な考え方、事故防止の具体的な手法等を全職員に周知徹底することを通じて、職員個々の安全意識の向上を図るとともに、院所全体の医療の安全性の向上させることを目的とします。
(6)医療相談窓口の設置
 医療や看護についての、不満や不信・ご意見等をお伺いする窓口(相談室)を設置します。

感染対策指針

感染対策指針
1.院内感染対策指針の目的
この指針は広島共立病院(以下「当院」という)における院内感染防止対策および集団感染事例発生時などの院内感染対策体制を確立し、適切かつ安全で質の高い医療サービスの提供を図ることを目的とする。
2.院内感染対策に対する基本的考え方
当院の院内感染対策は、医療機関においては感染症の患者と感染症に罹患しやすい患者とが同時に存在していることを前提に、手厚いケアを行う際に必然的に起こりうる患者・職員への感染症の伝播リスクを最小限にするため、全ての患者が感染症を保持し、かつ罹患する危険性を併せもつという考え方からできた標準予防策(スタンダードプレコーション)に基づき、医療行為を実践する。併せて感染経路別予防策を実施する。
3.院内感染対策に関する組織
院内感染対策に関する施設の整備点検、業務の見直しや改善など、臨床の現場で確実に実行されなくてはならない事項を決定する機関として、院内感染対策委員会を設置する。
この委員会で決定されたことは、特別に他の機関に影響を及ぼさない限り、各部門と組織的な対応をし、直ちに実際の行動に移さなければならない。
下部組織として感染対策チーム(ICT)を組織し、対策の円滑な実行を図る。
4.院内感染予防対策のための教育・研修(省略)
5.感染症の発生状況報告に関する事項(省略)
6.院内感染集団発生時の対応(省略)
7.当院の院内感染対策指針の閲覧に関する事項(省略)
8.その他院内感染防止対策推進のために必要な事項(省略)

広島共立病院安全対策の指針(抜粋)

安全対策指針(画面の制約上一部抜粋しております)
(1)(前略)医療事故とは過失の有無を問わず、医療にかかわる場所で、医療の全過程において発生する人身事故一切を含むものであり、廊下で転倒した事例など医療行為とは直接関係しないものも含みます。
((中略)事故や院内感染が起こった場合は、「誰が起こしたか」ではなく「なぜおきたのか」の立場で分析改善をすすめます。
(2)発生したすべての医療事故(アクシデント)およびインシデントについては、上長に提出し、改善策を明らかにしたのち、病院長、看護総師長、事務長へ回覧し、点検を受けます。
(3)医療安全管理会議
(4)医療事故対応マニュアル
(5)医療安全管理のための職員研修
(6)医療相談窓口の設置