施設概要

施設概要
トップ > 施設概要 > 理念・基本方針

理念・基本方針

患者の人権を尊重した安全・安心で信頼される医療を実践します

広島共立病院基本方針

1.常に医療水準の向上に努め、質の高い医療を提供します。
2.患者・住民との共同の営みをすすめ、無差別・平等の医療をおこないます。
3.地域での保健・医療・福祉のネットワークづくりに貢献します。
4.職員教育を重視し、いきいきと成長する専門職を育てます。
5.平和をつくり、社会保障を守り発展させる活動を強めます。

理念・基本方針

臨床における倫理方針

1医療生協の「患者の権利章典」を実践します。
・知る権利、自己決定権、プライバシーに関する権利、学習権、受療権を尊重します。
・医療従事者と患者で、共同の営みの医療を実践します。
2インフォームド・コンセントを徹底して行います。
・わかりやすい平易な言葉を用いて納得のいくまで説明します。
・セカンド・オピニオンを含めた意思表示を尊重します。
3個人情報を保護します。
・ 常的に扱う診療情報は、高度な個人情報であることを認識します。
・自己情報コントロール権を尊重し、診療情報を積極的に共有します。
4その人らしく生きるための支援をします。
・生き生きと豊かに生活できることを目標に援助します。
・終末期医療における治療の差し控えや中止は、法令を遵守し慎重に判断します。
5問題の解決にあたっては集団的に検討します。
・医学的適応、患者の意向、生活の質、周囲の状況をチームで分析します。
・各部署での対応が困難な場合は、臨床倫理委員会で最善の解決策を検討します
6臨床研究は患者の利益を最優先して行います。
・新薬の治験は、第三者を含めた治験審査委員会の審査を受けます。
・倫理的に検討を要する新しい手法の導入は、生協倫理委員会の審査を受けます。

患者様の個人情報の保護に万全の体制を採っています

当院での患者様の個人情報の利用目的は
1.院内での利用
(1)患者様に提供する医療サービス
(2)医療保険事務
(3)入退院等の病棟管理
(4)会計・経理
(5)医療事故等の報告
(6)患者様への医療サービスの向上
(7)院内医療実習への協力
(8)医療の質の向上を目的とした院内症例研究
(9)その他、患者様に係る管理運営業務
2.院外への情報提供としての利用
(1)他の病院、診療所、助産院、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
(同生協内、協同診療所・津田診療所・沼田診療所・あすなろ生協診療所については、診療に必要な場合、電子カルテの情報を閲覧させていただく場合があります)
(2)他の医療機関等からの照会への回答
(3)患者様の診療等のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
(4)検体検査業務等の業務委託
(5)患者様のご家族等への病状説明
(6)保険事務の委託
(7)審査支払機関へのレセプトの提供
(8)審査支払機関または保険者からの照会への回答
(9)事業者等から委託を受けた健康診断に係る、事業者等へのその結果通知
(10)医師賠償責任保険等に係る、医療に関する専門の団体や保険会社等への相談または届出等
(11)その他、患者様への医療保険事務に関する利用
3.その他の利用
(1)医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
(2)外部監査機関への情報提供
組合員の個人情報は、以下の目的のために利用させていただきます
(1)組合員の出資金の管理、組合員台帳の管理(加入・増資・減資・脱退の手続き)
(2)組合員への合計出資額のお知らせの発送
(3)生協が、実施する事業やサービスに関する組合員へのご案内や組合員の諸活動のご紹介
(ニュース、広報誌などのお届け)
(4)生協および事業所の運営に関するご意見や苦情、ご要望の集約と対応
(5)総代会などの機関運営や支部・班などの組合員活動を円滑に進めるため
(6)事業所が、組合員向けの医療・保健・介護サービスを提供するため
(7)生協法に関わる監事監査や名簿の閲覧等の利用
※1.上記のうち、情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨を広島共立病院診療情報管理課までお申し出ください。
※2.お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
※3.これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更等をすることができます。