診療科紹介

診療科紹介
トップ > 診療科紹介 > 整形外科

整形外科

安佐地区唯一の日本手外科学会認定研修施設

広島共立病院は広島大学整形外科の関連病院の一つとして教室からの派遣により現在、市川 誠(S61卒)、田中玄之(H2卒)、森 雅典(H7卒)、中林 昭裕(H15卒)、加藤 雄一(H23卒)の5名の常勤医と、週2回の大学からの非常勤医師により診療や手術を行っています。
2014年度の年間手術件数は894件であり、多くの開業医および勤務医の先生からのご紹介のおかげをもちまして中規模病院としてはかなりの 手術件数をこなしております。その内訳で特徴的なのは上肢の手術が多く6割近くを占めていることです。当院は安佐地区(安佐南区および安佐北区)で唯一の日本手外科学会認定研修施設であり、切断指の再接合や失われた手の機能再建など高度な技術を要す手術も行っております。
その他、高齢者の大腿骨頚部・転子部骨折を主として足関節部の骨折など下肢の外傷に対する手術や関節リウマチに対する機能再建術さらには人工関節置換術(膝・股・肘・指関節)などの手術も幅広く行っています。いずれの手術も日常生活や仕事への早期復帰を第一に考慮し、患者さんのニーズに応じた治療を心がけています。

橈骨遠位端骨折
橈骨遠位端骨折
橈骨遠位端骨折の治療はロッキングプレートの開発、普及により飛躍的に進歩し、当院でも2005年より導入して良好な成績を得ています。以前は骨移植や創外固定でしか対応困難であった関節内粉砕骨折も良好な整復位を得ることが可能となっています。さらにギプス固定も2週程度しか必要なく早期から入浴や日常生活動作が可能となり、高齢者に対しても希望される患者さんには積極的に手術を行っています。
三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷
三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷
TFCC損傷は手関節の尺側痛の原因として重要ですが、よく手関節捻挫として見過ごされる場合が比較的多いのが現状です。当院では的確なMRI撮影、関節造影などで病態を把握し、1.9㎜および2.3㎜の手関節鏡を用いてTFCC縫合などを関節鏡視下に行っており良好な成績を得ています。
指の変形性関節症
指の変形性関節症
DIP関節(へバーデン結節)に対しては関節固定術を行うことが一般的で、確実な変形の改善と除痛が得られます。一方、PIP関節(ブシャー結節)に対しては疼痛や機能障害の強い患者さんに対しては、人工関節置換術を行い良好な結果が得られています。
屈筋腱損傷(No man’s landでの損傷)
屈筋腱(指を曲げる腱)損傷の中でも指の中央から指のつけねの関節までの部位での損傷はNo man’s landと言われており、2つの屈筋腱が複雑に走行するため安易に治療してはいけない神の領域と以前は言われていた部位です。当院では、同部の損傷に対し、腱の強固な縫合を行った上で早期運動療法を行い、術後早期より良好な指の可動域を獲得しています。

屈筋腱損傷(No man’s landでの損傷)

人工関節置換術(肘、膝、股関節)
関節リウマチや変形性関節症などにより関節障害を生じ、痛みや機能障害の強い患者さんに対しては人工肘関節置換術(図5.図6)や人工膝関節置換術(図7)も実績に基づいて積極的に行い良好な結果が得られています。

関節破壊が進行した症例に対する表面置換型(非拘束型)人工肘関節置換術

関節破壊が高度で骨欠損の大きな症例に対する半拘束型人工肘関節置換術

関節破壊の強い症例に対する人工膝関節置換術

以上当院の特徴的な手術のごく一部を紹介させていただきました。今後も患者さんに満足していただける治療を行っていきたいと思いますので引き続きよろしくお願い申し上げます。

医師紹介

市川 誠イチカワ マコト
市川 誠
役職 部長
出身大学 広島大学
卒業年度 1986年
主な取得資格・所属学会 医学博士、整形外科専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本整形外科学会運動器リハビリテーション医、日本手の外科学会専門医、中部日本整形外科災害外科学会評議員、身障者福祉法指定医、日本整形外科学会、日本手外科学会、日本肘関節学会
田中 玄之タナカ ハルユキ
田中 玄之
役職 医長
出身大学 広島大学
卒業年度 1990年
主な取得資格・所属学会 医学博士、整形外科専門医、日本整形外科学会
森 雅典モリ マサノリ
森 雅典
役職 医長
出身大学 広島大学
卒業年度 1995年
主な取得資格・所属学会 整形外科専門医
日本整形外科学会
中林 昭裕ナカバヤシ アキヒロ
中林 昭裕
出身大学 久留米大学
卒業年度 2003年
主な取得資格・所属学会 整形外科専門医、医学博士、日本整形外科学会、日本手外科学会、日本マイクロサージャリー学会
加藤 雄一カトウ ユウイチ
出身大学 広島大学
卒業年度 2011年
主な取得資格・所属学会