診療科紹介

診療科紹介
トップ > 診療科紹介 > 消化器内科

消化器内科(Gastroenterology Department)

消化器内科・内視鏡センター

検査・治療の内容・検査の特徴

消化器内科

消化器内科・内視鏡センターは常勤医4名・非常勤医師7名で、合わせて11名で消化器内科全般の医療に取り組んでおります。
消化管(食道、胃、十二指腸、大腸)の分野では、年間で上部消化管内視鏡検査約5500件・下部消化管内視鏡検査約1500件を施行しております。当院の内視鏡検査の特徴は、検査を楽に受けてもらう為に、適切な量で鎮静を積極的に行っていることです。なお、車の運転などの場合は鎮静剤の使用はできません。また、咽頭反射の強い方のため、2006年から細径の経鼻内視鏡を導入し、苦痛の少ない検査を工夫しております。内視鏡センターは、3ユニットの体制で検査を実施し、吐下血に対する緊急内視鏡検査も受けております。内視鏡治療では、大腸ポリープに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)および早期胃癌の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の他、出血性胃・十二指腸潰瘍と食道静脈瘤破裂の止血術なども行っております。悪性腫瘍などによる消化管狭窄に対してステント留置術・拡張術を行い、症状の改善・緩和を目指します。また、潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性腸疾患に対して、入院および外来治療も可能です。

(PDF:胃カメラを受けられる方へ
(PDF:大腸カメラを受けられる方へ

快適な待合室

快適な待合室

肝臓の分野では、ガイドラインに準じて、B型慢性肝炎に対して核酸アナログ製剤およびC型慢性肝炎に対してIFNフリー経口抗ウイルス薬(DAA)で治療をしております。肝細胞癌に対して、経カテーテル的動脈注入療法・塞栓療法(TACE)・ラジオ波焼灼療法(RFA)・経皮的エタノール注入療法(PEIT)などの内科的治療を行い、切除適応を考慮し外科への紹介・コンサルトも致します。肝硬変などによる難治性腹水に対して腹水濾過濃縮再静注法(CART)および腹腔・静脈シャント造設などで治療しております。アルコール依存症に伴うアルコール性肝障害について、地域の断酒会と連携をとり、重症化する前の集団治療の導入を積極的に行っております。近年、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)および脂肪肝炎(NASH)の頻度が増えており、肝生検などによる診断および生活習慣病の改善指導を取り込んでおります。

胆・膵の分野では、内視鏡的逆行性胆管膵管造影術(ERCP)に加えて、経皮経肝的胆道ドレナージ術(PTCD/PTGBD)も随時対応できるような体制になっております。悪性腫瘍(膵癌・胆管癌)による閉塞性黄疸に対して、ドレナージ術およびステント留置術を行い、外科および緩和ケア内科と連携しながら、最善な対応を取っております。

脳血管障害後遺症・認知症などによる嚥下摂食機能障害のある患者の栄養サポートに対して、適応を慎重に考えながら、経管栄養法として経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)、経胃瘻的小腸瘻造設術(PEG-J)、経皮経食道胃管挿入術(PTEG)などを積極的に施行しております。また、栄養サポートチーム(NST)の協力を得て、患者の病状に合う胃瘻造設パスを整備し、安全かつ十分な経管栄養が可能になるまでに見守ります。

上部消化管内視鏡

広々とした検査室とリカバリースペース

検査・治療の実績(2017年度)

  • ・上部消化管内視鏡検査 5,790件(内、経鼻内視鏡検査 608件)
  • ・下部消化管内視鏡検査 1,632件
  • ・内視鏡的胃粘膜下層剥離術(ESD) 15件
  • ・内視鏡的大腸粘膜切除術(EMR) 280件
  • ・経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG) 68件
  • ・経皮経食道胃管挿入術(PTEG) 6件
  • ・上部消化管ステント留置術 6件
  • ・内視鏡的逆行性胆管膵管造影術(ERCP) 80件
  • ・経皮経肝的胆道ドレナージ術(PTCD/PTGBD) 29件
  • ・経カテーテル的肝動脈注入療法・塞栓療法(TACE) 21件

医師紹介

西原 一樹ニシハラ カズキ
西原 一樹
役職 部長
診療所長
出身大学 愛媛大学
卒業年度 1989年
主な取得資格・所属学会 日本プライマリーケア連合学会 認定医・指導医
日本消化器内視鏡学会、日本消化器病学会、日本肝臓病学会
Wong Toh Yoonウォン トーユン
ウォン トーユン
役職 医長
出身大学 広島大学
卒業年度 2005年
主な取得資格・所属学会 日本内科学会 認定内科医・指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化管学会 胃腸科専門医・指導医
日本プライマリーケア連合学会 認定医・指導医
日本病態栄養学会 病態栄養専門医・指導医・NSTコ―ディネーター
日本臨床栄養学会 認定臨床栄養指導医・学術評議員
日本静脈経腸栄養学会 学術評議員・中国支部会世話人
PEG・在宅医療研究会 専門胃瘻造設者・専門胃瘻管理者・認定胃瘻教育者
久保田 洋平クボタ ヨウヘイ 
久保田 洋平
出身大学 広島大学
卒業年度 2013年
主な取得資格・所属学会 日本内科学会 認定内科医
日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医
日本医師会 認定産業医
日本消化器病学会、日本消化管学会、日本プライマリーケア連合学会、日本静脈経腸栄養学会
中村 晴菜ナカムラ ハルナ
中村 晴菜
出身大学 愛媛大学
卒業年度 2014年
主な取得資格・所属学会 日本内科学会 認定内科医
日本臨床栄養学会 認定臨床栄養医
日本医師会 認定産業医
日本消化器病学会、日本病態栄養学会、日本静脈経腸栄養学会

学術・研究活動(学会発表など)

  1. Reported comfort during upper gastrointestinal endoscopy: An on-site survey of first time patients, Wong Toh Yoon, Yoneda Kaori, Takei Hiroko, Nakamura Shinya, Kabuto Syu, Sakomoto Minoru, Miyake Kazuyoshi, Mitao Noriko, Nishihara Kazuki, 7th International Gastrointestinal Consensus Symposium (IGICS 2014), Fukushima, Japan, 2014年2月15日, Oral, 英語
  2. Enteral Tube Feeding: The Japanese Experience, Wong Toh Yoon, 5th Biannual Congress of the Parenteral and Enteral Nutrition Society of Malaysia (PENSMA 2014), Kuala Lumpur, Malaysia, 2014年6月22日, Plenary, 英語
  3. 当院の急性膵炎症例における早期経腸栄養の有用性, 久保田洋平,Wong Toh Yoon, 第7回日本静脈経腸栄養学会中国支部学術集会, 2014年12月6日, Oral, 日本語
  4. リハビリのためのPEGから経口摂取獲得に向けたアプローチ, 河村千里,中尾加代子,Wong Toh Yoon,佐藤浩喜,檜谷沙織,桑田瑞代, 平尾純,遠藤由紀子, 第7回日本静脈経腸栄養学会中国支部学術集会, 2014年12月6日, Oral, 日本語
  5. 回復期リハビリテーション病棟における経管栄養の現状, 中尾加代子,Wong Toh Yoon,西原一樹,村田裕彦, 第7回日本静脈経腸栄養学会中国支部学術集会, 2014年12月6日, Oral, 日本語
  6. 半固形状流動食の認知度に関するアンケート調査, 遠藤由紀子,Wong Toh Yoon,三原千惠, 第7回日本静脈経腸栄養学会中国支部学術集会, 2014年12月6日, Oral, 日本語
  7. An up-to-date on Enteral Tube Feeding, Wong Toh Yoon, 9th Asia Pacific Conference on Clinical Nutrition (APCCN2015), Kuala Lumpur, Malaysia, 2015年1月29日, Symposium, 英語
  8. 急性膵炎における早期経腸栄養の効果, 久保田洋平, Wong Toh Yoon, 西原一樹, 第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2015年2月13日, Oral, 日本語
  9. 胃瘻造設術後の在院死~術前予測因子の検討~, 米田かおり, Wong Toh Yoon, 第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2015年2月13日, Poster, 日本語
  10. ミキサー食注入による下痢改善と経口摂取への支援, 中尾加代子,Wong Toh Yoon, 蓑田直子,平尾純,中岡奈美, 遠藤由紀子, 第20回PEG・在宅医療研究会学術集会, 2015年9月5日, Oral, 日本語
  11. 回復期リハビリテーション病棟における経管栄養患者の現状-3年間の経過-, 中尾加代子,Wong Toh Yoon, 西原一樹, 村田裕彦, 蓑田直子,平尾純,中岡奈美, 第20回PEG・在宅医療研究会学術集会, 2015年9月5日, Oral, 日本語
  12. 食べることをあきらめない支援, 桑田瑞代,Wong Toh Yoon,中尾加代子,西原一樹,佐藤浩喜,沖田知己, 大本真理,平尾純,坂本貴志,遠藤由紀子,櫻下美紀, 第8回日本静脈経腸栄養学会中国支部学術集会, 2015年12月5日, Oral, 日本語
  13. 食べることを支えるチーム医療, 中尾加代子,Wong Toh Yoon,西原一樹,久保田浩子,寺尾純,蓑田直子, 中本健司,遠藤由紀子,寺尾花菜, 第8回日本静脈経腸栄養学会中国支部学術集会, 2015年12月5日, Oral, 日本語
  14. PTEGによる左下甲状腺動脈の損傷・仮性動脈瘤形成の1例, Wong Toh Yoon, 中尾加代子, 三原千惠, 西原一樹, 第15回日本PTEG研究会学術集会, 2016年5月28日, Oral, 日本語
  15. 当院におけるPTEGの現状, Wong Toh Yoon, 西原一樹, 第15回日本PTEG研究会学術集会, 2016年5月28日, Oral, 日本語
  16. 16. Current state of post-stroke tube feeding in a Japanese rehabilitation ward and the recovery of oral feeding through swallowing therapy, Wong Toh Yoon, Kayoko Nakao, Yukio Mikami, Chie Mihara, 10th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine (ISPRM 2016), Kuala Lumpur, Malaysia, 2016年5月31日, Oral, 英語
  17. Semi-solidified elemental diet to prevent recurrent aspiration pneumonia during percutaneous endoscopic gastrostomy (PEG) feeding, Haruna Nakamura, Wong Toh Yoon Yohei Kubota, Kazuki Nishihara, 33rd World Congress of Internal Medicine (WCIM), Bali, Indonesia, 2016年8月23日, Poster, 英語
  18. Managing Postprandial Hypoglycemia due to Late Dumping Syndrome in a Direct Percutaneous Endoscopic Jejunostomy patient using Miglitol and Isomaltulose, Wong Toh Yoon, Haruna Nakamura, Hisaaki Morishita, 33rd World Congress of Internal Medicine (WCIM2016), Bali, Indonesia, 2016年8月23日, Poster, 英語
  19. 胃瘻の功罪?PEG患者の家族に問うアンケート, 米田かおり, Wong Toh Yoon, 第21回PEG・在宅医療研究会学術集会, 2016年9月3日, Oral, 日本語
  20. 早期より嚥下障害患者の経口摂取を支える, 中尾加代子,Wong Toh Yoon,森下尚明,三原千恵,吉川正三,平尾純, 中本健司, 第9回日本静脈経腸栄養学会中国支部学術集会, 2016年12月3日, Poster, 日本語
  21. 胃瘻造設術後の半固形化栄養剤使用による、誤嚥性肺炎 のリスクの減少及び在院日数の低下について, 中村晴菜, Wong Toh Yoon, 遠藤由紀子, 久保田洋平, 西原一樹, 三原千惠, 第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2017年2月24日, Panel Discussion, 日本語
  22. Body mass index, waist circumference and the presence of non-alcoholic fatty liver disease among Japanese adults participating in health check-ups, Wong Toh Yoon, Haruna Nakamura, Yohei Kubota, Yoshihiro Hata, Naoshi Ito, Yuichiro Otani, Noriko Mitao, Chieko Yamada, Sunao Takaya, Kazuki Nishihara, Hisaaki Morishita, Hirohiko Murata, 25th International Conference on Health Promoting Hospitals and Health Services, Vienna, Austria, 2017年4月12日, Oral, 英語
  23. 幽門狭窄や十二指腸狭窄における十二指腸ステント挿入術の有用性, 中村晴菜, Wong Toh Yoon, 久保田洋平, 西原一樹, 第103回日本消化器病学会総会, 2017年4月20日, Oral, 日本語
  24. 誤嚥性肺炎・Forestier病による嚥下障害にて経皮内視鏡的胃瘻造設術がQOLの改善に有用であった1例, 中村晴菜, Wong Toh Yoon, 久保田洋平, 西原一樹, 第107回日本消化器病学会中国支部例会, 2017年6月17日, Oral, 日本語
  25. PEGENT2017における人工的水分・栄養補給(AHN)に関するアンケート調査, Wong Toh Yoon, 米田かおり, 徳毛宏則, 有本之嗣, 第22回PEG・在宅医療学会学術集会, 2017年9月23日, Poster, 日本語
  26. Ball Valve症候群による胃瘻孔周囲炎・瘻孔閉鎖不全に対してNJT及びPTEGが有用であった一例, 中村晴菜, Wong Toh Yoon, 久保田洋平, 竹田麻衣子, 西原一樹, 第16回日本PTEG研究会学術集会, 2017年9月24日, Oral, 日本語
  27. Resumption of oral intake after gastroduodenal stenting in patients with malignant gastric outlet obstruction, Haruna Nakamura, Wong Toh Yoon, Yohei Kubota, Kazuki Nishihara, Asian Pacific Digestive Week (APDW) 2017, Hong Kong, 2017年9月25日, e-Poster, 英語
  28. 栄養サポートにおける経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)および経胃瘻的小腸瘻造設術(PEG-J)の役割, Wong Toh Yoon, 第39回日本臨床栄養学会総会, 2017年10月13日, Panel Discussion, 日本語
  29. Comparing preoperative TLC and %TLC as nutritional risk factors predicting mortality after percutaneous endoscopic gastrostomy (PEG), Haruna Nakamura, Wong Toh Yoon, Kaori Yoneda, Yukiko Endo, Kayoko Nakao, Chie Mihara, 18th Congress of the Parenteral and Enteral Nutrition Society of Asia, Manila, Philippines, 2017年11月21日, Poster, 英語
  30. 当院における経皮内視鏡的胃瘻造設術パスの運用, 中村晴菜, Wong Toh Yoon, 遠藤由紀子, 久保田洋平, 西原一樹, 第18回日本クリニカルパス学会学術集会, 2017年12月1日, Panel Discussion, 日本語
  31. 当院におけるピロリ菌除菌治療の成績(Success rate of Helicobacter pylori eradication therapy at our institution), 久保田洋平, Wong Toh Yoon, 中村晴菜, 西原一樹, 第14回日本消化管学会総会学術集会, 2018年2月9日, Mini Oral, 日本語
  32. 経皮内視鏡的胃瘻造設術後の予後予測因子検討~術前TLC vs. %TLC~, 中村晴菜, Wong Toh Yoon, 中尾加代子, 遠藤由紀子, 三原千惠, 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2018年2月23日, Oral, 日本語
  33. 脾梗塞による急性腹症の1例, 富山幸一郎, Wong Toh Yoon, 三田尾典子, 山田千恵子, 秦亮嘉, 伊藤尚志, 鷹屋直, 西原一樹, 森下尚明, 村田裕彦, 第115回日本内科学会総会, 2018年4月14日, Poster, 日本語
  34. Blood urea nitrogen (BUN) is a predictor of aspiration pneumonia and in-hospital mortality after percutaneous endoscopic gastrostomy (PEG), Haruna Nakamura, Wong Toh Yoon, Kaori Yoneda, Yohei Kubota, Kazuki Nishihara, International Digestive Disease Forum (IDDF) 2018, Hong Kong, 2018年6月10日, e-Poster, 英語
  35. Tube feeding - Can we unite under one policy?, Wong Toh Yoon, 7th Biannual Congress of the Parenteral and Enteral Nutrition Society of Malaysia (PENSMA 2018), Kuala Lumpur, Malaysia, 2018年7月6日, Symposium, 英語
  36. Issues in Refeeding Syndrome, Wong Toh Yoon, 7th Biannual Congress of the Parenteral and Enteral Nutrition Society of Malaysia (PENSMA 2018), Kuala Lumpur, Malaysia, 2018年7月7日, Symposium, 英語
  37. Recovery of oral intake after initiation of tube feeding: Clinical experience from a Japanese rehabilitation ward, Yukio Mikami, Wong Toh Yoon, Nakao Kayoko, Masami Yoshikawa, Chie Mihara, 12th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine (ISPRM 2018), Paris, France, 2018年7月9日, e-Poster, 英語
  38. 尿素窒素(BUN)は経皮内視鏡的胃瘻造設術後の短期予後予測因子として有用である, 中村晴菜,Wong Toh Yoon,中尾加代子,遠藤由紀子,米田かおり, 三原千惠, 第12回日本静脈経腸栄養学会中国支部学術集会, 2018年8月18日, Oral, 日本語
  39. 地域の嚥下食調査より~嚥下食に対する認識と課題~, 中尾加代子,Wong Toh Yoon,浜崎忍, 第12回日本静脈経腸栄養学会中国支部学術集会, 2018年8月18日, Oral, 日本語
  40. 下痢対応の為のミキサー食注入~退院先への課題~, 中尾加代子,Wong Toh Yoon,吉川正三, 第12回日本静脈経腸栄養学会中国支部学術集会, 2018年8月18日, Poster, 日本語
  41. The Glasgow Prognostic Score (GPS) predicts aspiration pneumonia and survival after percutaneous endoscopic gastrostomy (PEG), Wong Toh Yoon, Haruna Nakamura, Chie Mihara, 40th ESPEN Congress 2018, Madrid, Spain, 2018年9月3日, Poster, 英語
  42. 患者・家族の生きる希望を支えて~食べる楽しみをあきらめない在宅生活への支援~, 中尾加代子, Wong Toh Yoon, 吉川正三, 第23回PEG・在宅医療学会学術集会, 2017年9月15日, Oral, 日本語
  43. 当院の回復期リハビリテーション病棟におけるミキサー食注入の現状, 中尾加代子, Wong Toh Yoon, 第23回PEG・在宅医療学会学術集会, 2017年9月15日, Oral, 日本語
  44. 癌性イレウスを伴うS状結腸がん再発のドレナージ治療において経皮経食道胃管挿入術(PTEG)が有効であった1例, 廣井佐和子, Wong Toh Yoon, 中村晴菜, 久保田洋平, 西原一樹, 第17回日本PTEG研究会学術集会, 2018年9月16日, Oral, 日本語
  45. Basic Enteral Tube Feeding for the Home Doctor, Wong Toh Yoon, 22nd WONCA World Conference (WONCA2018), Seoul, South Korea, 2018年10月20日, Seminar, 英語