ケアチーム活動

摂食嚥下障害看護ケアチーム

摂食哄下障害看護ケアチームは、2016年から摂食哄下ケア院内支援チーム研修終了者、各職場からの自薦。他薦された看護職員で構成されています。活動内容としましては、高齢や疾患などで摂食哄下機能が低下している入院患者様に対し、安全に食事摂取できるよう言語聴覚士と連携をとりながら日々関わっております毎週火曜日のVF(喩下造影検査)に輪番制で入り患者さんが安全に検査を受けられるように状態の観察や必要時に吸引対応をしています。新人研修では、ケアチームメンバーが講師となり注入食。食事介助・口腔ケアの研修を行っています。
知識と技術のレベルアップのため、毎月1回ケアチーム会を開催し、言語聴覚士と情報共有や学習を行っています。今後も患者様に食事の楽しさを感じてもらいながら、安心して食事摂取ができるようチームー丸となって質の高い看護を提供してまいります。

認知症ケアチーム

認知症の人や、高齢者が体の具合が悪くなって入院すると、環境の変化や様々な不安、身体の苦痛から一時的に今置かれている状況がわからなくなり、安心して治療が受けられなくなることがあります。そんな時、医師・看護師・薬剤師・医療相談員などが多職種で集まりその人にとってどのような治療・看護ケアを実践していけばよいかを話し合っています。また直接、患者さんにも面会させていただき、今困っていることはないかをお尋ねし一つ一つ解決できるようにしていきます。

保健師委員会

保健師委員会では、毎年全看護師を対象に腰痛予防教育を実施しています。アンケートを行い、腰痛の程度を把握し、腰痛予防パンフレットを作成して指導します。各部署では、毎日腰痛予防体操にも取り組んでいます。また、年に2回、いきいき健康クラブという健康教育を実施しています。「健康生活に必要なこと」をテーマに、疾患予防や健康増進について、地域の方に講習をしています。今までには「生活習慣病の予防」や「歯の健康について」などの講習を行ないました。地域住民の健康増進に向け、今後も様々なテーマで健康教育を実施します。